プロだから分かる~木を伐採・剪定してかゆみ予防~

専門業者にお願いできること

草刈り業者が行なっているメイン作業は、思っているよりもたくさんあります。草刈り作業の他に、草木の手入れや庭のリフォームを行なっています。その他にも、害虫対策を目的とした伐採や剪定も行なっています。大木をしっかり手入れすることで、風の通りをよくし、毛虫を食べてくれる鳥や虫が入れる様なスペースを確保しておくと勝手に駆除してくれるのです。かゆみの原因である毛虫の発生が防げるのでお願いしてみましょう。

かゆみに襲われないための草刈りスタイル

草刈りをするときに、厄介なかゆみに襲われない為には予防に最適なスタイルを取り入れるのが一番です。服装に気をつけるだけで、かゆみへ繋がるリスクが軽減します。まずは、理想的な草刈りスタイルを確認してみましょう。

基本スタイル

  • ● つばが広い帽子
  • ● 顔を保護するネット(用意出来れば)
  • ● 長袖・長ズボン
  • ● タオル
  • ● 軍手

ポイントは、帽子をかぶり、保護用のネットをつけるというところです。長袖・長ズボンは虫や草が入らないように袖口や裾が絞れているピッタリしているタイプが良いでしょう。

夏場のスタイル

作業服

暑い夏場は、半袖で草刈り作業をしたいと思ってしまいます。ですが、半袖での作業はやめましょう。肌の露出度が高いと、草刈り後のかゆみに襲われるリスクが高くなってしまうからです。ですから、同じ長袖・長ズボンでも、風通しの良い薄手の吸汗速乾タイプの洋服を選ぶとよいでしょう。素材にこだわって服を選ぶと快適に作業が出来ます。

TOPボタン